肝臓がんの初期症状に気付こう|早めの発見で完治を目指す

無理のない姿勢で運動を

男の人と女の人

腰に負担が大きな原因

脊柱管狭窄症は、背骨が変形することにより背骨の脊柱管が狭くなり、中を通っている神経と血管が圧迫されて、腰痛や下肢のしびれなどの症状がおこります。脊柱管が狭くなるのは老化現象の一つであるので高齢者に多く発症がみられます。特に、若いときに肉体労働やスポーツで腰に負担を掛けた人、長距離トラックやタクシー運転手などの長時間運転する人などに発症しやすい病気です。腰痛はあまり強くはありませんが、足にしびれや痛みを感じる場合もあり、安静にしているときは症状がほとんどありません。動き出すと足がしびれてくる症状が脊柱管狭窄症の代表的な症状です。前かがみになるとしびれや痛みが軽減され、逆に骨を後ろに反らすと症状が悪化するのも特徴です。

運動することで回復

脊柱管狭窄症の治療は大きく分けて、保存療法と手術療法の2つがあります。併せて、リハビリで運動をすることで回復を目指す方法もあります。リハビリは、腰椎周囲の体幹筋の筋力の強化が大きな目的ですが、動かすことで痛みを伴う場合があり症状を悪化させることもあるので、リハビリする時は、痛くない姿勢で行うことが重要です。軽く前屈姿勢での筋力訓練が基本となります。コルセットの装着により比較的楽に前屈姿勢を保つことができます。痛みにより動かなくなることで廃用性萎縮の状態に移行することが多くなります。立つことがつらい場合でも、寝たままや椅子に座った状態でも無理のない筋力訓練はできますので、毎日運動を継続することが効果大です。脊柱管狭窄症のリハビリは自己流でなく、整形外科専門医の診療を受け、設備とスタッフが充実した医療機関で行いましょう。