肝臓がんの初期症状に気付こう|早めの発見で完治を目指す

がんの症状と進行度

病院

代表的な症状

大腸がんが発生する過程は、2通りあります。1つ目は、大腸の粘膜から発生した良性の腺腫が大腸がんになる場合です。 2つ目は、大腸の粘膜から直接がんが発生する場合です。大腸がんの特徴は、早期の段階では自覚症状がほとんど無いことです。症状が進行することで様々な体の異変が出てきます。代表的な症状として多いのが、血便です。がんが大きくなると、がん組織が脆くなります。脆くなった組織から出血することで、貧血になる人もいます。血便は痔と間違われやすいので、大腸がんに気付きにくい症状です。大腸の中でがんが大きくなると、便の通り道が狭くなります。便が細くなりやすく、下痢と便秘も繰り返すようになります。その他の症状として、腹痛やお腹の張りなどがあります。どの症状も早期の大腸がんでは現れにくい症状です。

進行度と術式

大腸がんは早期発見できれば、適切な治療で完治する確率が高い病気です。大腸がんは、5段階のステージで進行度を表します。ステージによって治療方針が決まります。早期がんとは、がんが粘膜の中か固有筋層までにとどまっているものです。患者に負担が少ない内視鏡で治療できることが多いです。進行がんとは、固有筋層を越えて周囲に広がっているものです。リンパ節に転移していることが多いので、腹腔鏡手術や開腹手術で病変部分とリンパ節を取ります。術後は、転移の状況によって抗がん剤治療や放射線治療を行うことがあります。早期がんと進行がんでは治療方針や医療費、生存率が大きく異なります。自分のステージを良く知ることや納得のいく治療方法を選択する必要があります。大腸がんを早期に発見するためには、定期的な健康診断が大切です。