肝臓がんの初期症状に気付こう|早めの発見で完治を目指す

先天性の脳の病気である

笑顔の男性

動脈と静脈が異常に繋がる

脳動静脈奇形とは、先天性の脳の血管の病気のことを言います。体内に必要な栄養や酸素を運ぶ血管である動脈は細かく枝分かれしてその先が毛細血管となり、毛細血管が集まることで静脈になり心臓へとつながることで上手く体内で血液や栄養素、酸素の循環と供給が行われています。脳動静脈奇形というのは、脳の中で毛細血管にならずに一部の血管が異常な状態で動脈と静脈がつながっている状態です。本来かからないはずの強い圧力が血管にかかる部位があるので、出血が起こりやすく脳内出血やくも膜下出血を起こしやすく出血しない場合でも体の震えなどの発作が起きるとされています。手術や放射線治療、または塞栓術などで異常がある部位の血管を除去したり閉塞させます。

運動に気を付ける

脳動静脈奇形は、異常な血管を取り除くことが出来ればそのまま日常生活に戻ることも可能です。しかし、治療法によっては体の震えなどの発作が残ることもあるため薬物療法を行っていくことが大切になります。この場合は、車の運転は危険が伴うため控える必要があります。手足に力が入らなくなったり、読み書きや話すことが出来ないなどの症状が出る場合は一定期間リハビリを行いながら治療を続けていく必要があります。脳動静脈奇形が完全に除去できなかった場合などは、長時間の運動や激しいスポーツなどは控えたほうが良いです。治療法によっても日常生活で気を付けるべきことは変わってきますが、なるべく血管に負荷をかけないように過ごしていくと良いと言えます。