肝臓がんの初期症状に気付こう|早めの発見で完治を目指す

無理のない姿勢で運動を

男の人と女の人

動くと足がしびれや痛みが走るのは、脊柱管狭窄症の症状の一つです。主に筋力をつけるリハビリが実施されており、専門医の指導を受けながら行なうのがベストです。リハビリで大きく痛みを伴う場合は、無理をせずコルセットなどの補助器具を使いながら行ないます。

もっと見る

がんの症状と進行度

病院

大腸がんの特徴は、早期の段階では自覚症状がほとんど無いことです。体の異変に気付いた時には進行していることが多いがんです。大腸がんは、5段階のステージによって進行度を表します。早期がんと進行がんでは、治療方針や患者の負担が大きく異なります。自分のステージを知り、納得のいく治療を選択することが大切です。

もっと見る

先天性の脳の病気である

笑顔の男性

脳動静脈奇形は、先天性の脳の病気のことで動脈と静脈が異常につながっていることを言います。治療法には、手術や塞栓術、放射線などがあり病状によって変わります。脳の血管に負担をかけないように生活することが大事です。

もっと見る

肝臓に発生する癌

病院

肝臓に発生する癌の症状

肝臓がんは発症初期は、症状が殆ど現れない癌です。早期発見、早期治療の為には内科での定期検診が大切なのです。肝臓がん発症の主な原因が「肝硬変」とされています。肝硬変にならないことが、肝臓がん発症の一番の予防となるのです。肝硬変にならない為には生活習慣を見直すことが重要であり、肉や脂物中心の食生活の方は特に注意が必要です。なるべく肉より魚や野菜中心の食生活を心がけることで、肝硬変は予防できます。最近の研究では、魚の中でも特に「青魚」の摂取が肝硬変と肝臓がん、どちらの予防にも効果的であるとされています。肝臓がんの主な症状として、尿の色が濃い、体のむくみ、食欲の低下、便秘、貧血などです。これらの症状が現れたら、すぐに内科で検査を行いましょう。

肝臓に発生する癌の治療法

肝臓がんと診断された場合、治療は外科療法、局所療法、肝動脈塞栓術が主体となります。外科療法とは開腹し、肝臓の悪性腫瘍を手術にて取り除く治療法です。肝臓には多量の血液が溜められている為、可能な限り切除範囲を最小にして手術は行われます。次に局所療法とは、開腹をせずに長い針を腹部の上から腫瘍に刺し込み治療する方法です。開腹を行なわない為に患者への負担が少なく済む反面、完全に腫瘍を取り除くことが難しく、外科療法より再発の可能性が高い治療法です。最後に肝動脈塞栓術とは、癌細胞に栄養を供給している肝動脈を塞ぐことで癌細胞を死滅させる治療法です。肝動脈を塞いでも、肝臓にはもう1つ「門脈」という栄養供給経路がある為、癌細胞以外の正常な細胞は死滅することはないのです。ただし肝動脈塞栓術は小さい癌細胞に対して効果が低い為、外科療法・局所療法と組み合わせることが多い治療法です。